借金の保証人とは

借金の保証人になるケースですが、自動車ローンや住宅ローンを借りる際に保証人が必要になる場合があります。


多いのは、夫の借金で妻が保証人になるケースです。
住宅ローンの連帯保証人になってしまった場合、離婚したとしても、その連帯保証人から外れることはできません。
銀行に交渉して別の保証人を立てるしかないでしょう。


通常の保証人以上に責任が重くなるのが「連帯保証人」です。
連帯保証人になった場合、ほかに保証人がいたとしても支払いを請求されることがあります。
支払わなければ強制執行されるおそれも出てきます。


連帯保証人になった人の家族にまで借金を支払わなければならない義務はありませんが、連帯保証人が亡くなった場合は、連帯保証人の債務を家族が相続することになります。
それぞれの法定相続分に応じて、連帯保証の債務を負います。


連帯保証人の断り方ですが、一番いいのは、「お金がない」ということを具体的に説明することでしょう。
支払い能力のない人は連帯保証人にはなれません。
お金を貸す側も身元調査をしますから、払えないことがわかれば候補から外してもらえるかもしれません。


ところで、借金の保証人ではありませんが、進学する際や就職時に身元保証人を頼まれるケースもあります。
依頼した人に何かトラブルが起こったときに、お金を肩代わりしなければならないようなことが起こるかもしれません。
身内でもない限り、保証人を引き受けるべきではないでしょう。


<特選サイト>
借金の連帯保証人になってしまい返済が困難になってしまったときなどに無料で相談に乗ってくれるサイトです・・・借金

Copyright © 2014 借金の保証人を頼まれたら…? All Rights Reserved.